ホーム » スポンサー広告スポーツ » 羽生結弦「覚醒の時」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

羽生結弦「覚醒の時」

羽生結弦選手は、少女マンガから出てきたような端正なルックスと
線の細い華奢な体型。

柔軟性がとても高いため、女子選手が多用するビールマンスピンや
イナバウアー技も難なくでき、演技をより華麗にしています。

その一方で、
「ジャンプもスピンも、スケーティングも全てが一流になりたい」
「自分も表彰台に立ってやる」
「”史上初”がすき」
と強気の発言をするギャップもまた素敵☆

単なるビッグマウスだけでなく、オリンピック初出場にして
金メダル獲得という実績も残しているのがすごい☆

さらに現在トーループ、サルコーに続く新たな4回転ジャンプを
模索中で、ループ、フリップ、ルッツ、アクセルと
全6種類のジャンプを4回転で飛ぶ挑戦をしているとか。

羽入選手はいったいどこまで貪欲になれるのか。
まさに恐れを知らない19歳、ですね。

『覚醒の時』では、ソチ五輪をはじめ、優勝した2010年
世界ジュニア選手権や、全日本選手権の演技を、
実況・解説なしのノーカット完全版で収録しているので、
羽生選手の美しい演技を、存分に楽しむ事ができます☆

もちろん、オフ・アイスで見せた素顔も収録されているので
とても楽しみですよね♪

ソチオリンピックのフリーで、パトリック・チャン選手の点数が出た瞬間、
「マジ!?」と言っていたのがかわいかったのですが、
(口の動きから絶対そう言っていたはず!)
その映像もあるといいな。。。




Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。