ホーム » 外国映画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

アルゴ

先日、テレビで「アバター」を放送していたので観てみましたが、
ストーリーがいまひとつでがっかりしました。

そういえば、公開当時は3D画像のすばらしさは話題になって
いましたが、ストーリーについてはほとんどふれられていませんでしたね。

話題の映像も、3Dではなく、家庭の小さな画面では
言われていたほどの美しさは感じず、
なんだか途中で飽きちゃいました。

映像で勝負の映画は、技術の進歩と共に
陳腐化してしまうという懸念がありますよね。

一方、内容がしっかりしている映画は、時の風化を受けず、
永く受け継がれていくと思います。

アルゴもそんな映画の一つになるかもしれません。

1979年に実際に起きた、イランのアメリカ大使館の
人質事件を映画化したものです。

イランの過激派がアメリカ大使館を占拠し、大使館員を
人質にとりますが、混乱の中6人が脱出し、
カナダ大使の家に身を隠します。

CIAは、人質奪還のプロ、トニー・メンデスに
この6人の国外脱出を託しますが、
この内容がまさに”事実は小説より奇なり”なのです。

アメリカ人の出入国が厳しく監視されているイランに
侵入するため、トニーは嘘の映画を企画し、
6人をロケハンに来た撮影スタッフとして
出国させるという作戦を考えます。

この嘘の映画のタイトルが「アルゴ」なのです。

信憑性を持たせるため、「アルゴ」の脚本を用意するだけでなく、
プロダクションを作り、マスコミを集めての大々的な記者会見まで行います。

しかしイラン側も、大使館占拠の直前にシュレッダーにかけられた
大使館員の身元データを、子供を動員してつなぎ合わせる
復元作業を行います。

復元されれば捕虜の人数が足りないことが明らかになり、
6人だけでなく、人質52人の命も危機に陥ります。

復元作業が大詰めをむかえたとき、CIAからは作戦中止の命令が。

歴史上の出来事なので結末は調べれば簡単に分かるのですが、
手に汗握らせる緊迫感は予想をはるかに超えた面白さでした。
一見の価値はあると思います。

スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。