ホーム » シャーマン戦車

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

フューリー

フューリーは派手な戦闘シーンだけでなく、過酷な戦闘に
否応なく巻き込まれていく兵士たちの心情も丁寧に描かれていて、
物語に深みが加わりました。

第二次世界大戦。
連合軍のアメリカ人兵士、ウォーダディー軍曹率いる
戦車フューリーを操るチームは、味方がほぼ全滅した戦域で、
わずか5人でドイツ軍300人を迎え撃つという絶望的なミッションを命じられます。
しかもチームのメンバーの一人はまだ新兵。
生還は絶望的です。。。

永遠のゼロもそうでしたが、本作も、当時の本物の戦車を使用して
いるそうですので、迫力が違いますね。

フューリーは、「シャーマン戦車」という戦車だそう ですが、
本物のシャーマン戦車を撮影に使用しているそうですし、
ドイツ軍のティーガー戦車に至っては、7台だけ残っているうち、
唯一走行可能な1台を使用したそうです。

故障したり壊れたりしたら大変ですよね。
さぞ、神経を使ったことと思いますが、さすがに本物の
迫力は違います。

兵士の心情も、新兵・ノーマンの"兵士としての成長"が
描かれますが、"兵士としての成長"はたしかに胸を打たれるのですが、
"人として"はどうなのかと考えると、複雑な気持ちになります。



スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。